KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
 
関西大学図書館 KOALA
 
English
 

日本語 | English
 
ホーム > イベント 

イベントのお知らせ

 

イベント

イベント >> 記事詳細

2019/10/23

本の帯プロジェクト「オビプロ」 著者よりメッセージをいただきました!

| by 図書館管理者


関西大学図書館では、「新入生に贈る100冊」の関連企画として、「関大生による本の帯プロジェクト」(通称 オビプロ)を実施します


この企画は、2020年度「新入生に贈る100冊」のラインナップを飾る本学OG ブローレンヂ智世さん(文学部 心理学専修・2015年度卒業)の著書『ワンピースで世界を変える!』の本の帯を後輩である関大生が手掛け、最優秀作品が全国の書店に並ぶというものです。


この度、ブローレンヂ智世さんより以下のようなメッセージをいただきましたので紹介いたします。


---------------------------------------------

関大生のみなさんへ


こんにちは。関西大学2015年度卒業生の、ブローレンヂ智世です。

創元社様から出版予定の起業エッセイの帯を後輩の皆さんに作っていただけるとのこと、とても嬉しく思います。


私は、ジェンダーフリーのアパレルブランド、「ブローレンヂ」を運営している、デザイナー兼起業家です。肩書きだけは一丁前ですが、立ち上げてから3年目のまだまだひよっこで、いまだに未知との遭遇の日々を送っております。


関西大学では心理学を学び、卒業後は大学院に行って認知心理学の錯視の研究をしようと思っていたのですが、ひょんなことからジェンダーフリーのアパレルブランドを立ち上げてしまいました。


入学したときには、心理学とは畑違いのアパレルブランドを立ち上げることになるなんて 思ってもいませんでした。

だからと言って大学で学んだことが無駄になったのかというと、そうではありません。むしろ、大いに役立っています。

今回のオビプロで皆さんにお読みいただく発表前の原稿には、私の幼少期から東京大学の安田講堂でファッションショーを開催するまでの紆余曲折が書かれています。

「0から何かを生み出すときにどんなことが起きるのか」、
「迷ったときに何を感じてどう行動したのか」、
「自分の今までの経験や知識をどう活かすのか」

など、ひよっこ起業家が情熱とワクワクだけで突っ走ってきた出来事が赤裸々に書いてあります。


今、この文章をお読みいただいている方の中には進路を迷っている方もいると思います。就職せずに起業しようと準備中の方もいるかもしれません。そんな方にもぜひ今回のオビプロにご参加いただきたいです。


最終日には私もお邪魔する予定です。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。


ブローレンヂ智世

---------------------------------------------


オビプロへの参加エントリーは、10月31日(木)までとなっています。
参加を希望される方は、添付されている実施要領をご確認の上、
以下のURL又はインフォメーションシステムよりお申し込みください。

URL:https://jmrs.kyomu.kansai-u.ac.jp/wsin/!SIPLS3000?KHN_KEY=20191010095220001

【添付ファイル】
1.オビプロチラシ【PDF】
2.オビプロ実施要領【PDF】


12:15